そとでよ - オタク独女の趣味と資産形成の話

元ひきこもり30代独女の趣味と老後資金形成

ブレット・トレインの小ネタ(みかん中心)

映画「ブレット・トレイン」の小ネタをまとめています。 アーロン・テイラー・ジョンソン演じる殺し屋タンジェリン(みかん)がかっこよくて4回見てます。見た中で気づいた好きポイントをまとめます。

タンジェリン関係

手癖が悪い

タンジェリンは重度の窃盗癖があるようで、序盤で車内販売カーから鯛焼きクッキーをくすねて「金魚クッキーってなんだよ」と文句を言い、レモンに「セラピーに行け」と言われるシーンがある他、ファミリーカーを突っ切る際も、小さなもももんのぬいぐるみをスっておいて、もももんに投げつけるシーンがあります。

この手癖の悪さはレディバグが通行止めにした新幹線車両のドアを銃で破る際に、寝ている女児からぬいぐるみを奪って即席サイレンサーとして使うシーンへの前フリになってます。

かなりのサッカーファン

レモンとタンジェリンはイングランドの一部リーグに所属するサッカーチーム、ウェストハム・ユナイテッドのファンです。

二人が何人殺したかで揉める回想シーンで流れるBGM「I'm Forever Blowing Bubbles」はウェストハムのアンセムとして有名な曲ですし、ホワイト・デスの部下からの電話に出るシーンで映るタンジェリンのスマホにはウェストハムのステッカーが貼られています。 生身で新幹線に飛び乗るシーンで見える靴下もウェストハムのもの、左腕にはクラブの入れ墨も掘られています。 子供の頃の回想でウェストハムの先制を喜ぶシーンもあります。

ウェストハムはロンドン東部チームで工業地帯で労働者階級のファンが多いチームです。メイキングでもロンドン東部のフーリガン的なキャラ付けと記載があります。

意外と人の話を聞いている

きかんしゃトーマスのキャラクターで人物を評するレモン。タンジェリンを度々ゴードンに例えています。「ゴードンは強力な機関車だが、人の話を聞いていないことがある」と言い、実際にレモンの話を聞いていないように見えるシーンがありますが、実際はレモンが好きなトーマスのキャラクターもしっかりと覚えてますし、序盤で「もももんってなんだよ?」と聞いていましたが、レモンに「トーマスの後番組のキャラクター」と聞かされて、後半ではレディバグを「お前をもももんに詰めてやろうか」と言えるくらいになっています。

終盤のプリンスとの退治でも「レモンは流血しない。お前はレモンに血を流させた」とレモンの発言を踏襲しています。

相方のレモンも同様で、プリンスと木村と相対するときに、タンジェリンの「撃ってから答えがわかることもある」と二人を脅しています。

タンジェリンは英国訛り

チャニング・テイタム演じるゲイの青年にI do love an accent.(英国訛りだね)と言われるシーンがありますが、直前の台詞、罵り言葉のTwatはアメリカ英語とイギリス英語で発音が違うためです。

タンジェリンは非常に口が悪いのですが、ホワイトデスにケツを狙われてるとレモンに話すシーンをはじめとして、assではなく、英国風にarseと言っています。

プリンスにお礼を言うところでは「Thank you, love.」と呼びかけており、フォーマルな英語ではMissなどを使う場面ですが、女性にLoveと呼びかけるのはややカジュアルで下町的だそうです。タンジェリンがロンドンっ子でコックニーだからですね。

女性には紳士的

タンジェリンは非常に口が悪く、対レモンはもちろん男相手には非常に口が悪いのですが、プリンスの前では汚い言葉を使ったことを詫びるシーンがあります。

レディバグとの乱闘を中断され、10ポンドで水を奢らされた際も、車内販売のお姉さんには手を振って愛想よく接しています。

一方、レディバグとの戦闘や、新幹線へのカムバックなど、疲弊した終盤ではプリンスの前でもFワードを連発し取り繕えなくなっています。

基本的にアナログ派?

レモンがオートマチック銃、腕時計はスマートウォッチなのに対して、タンジェリンは銃はリボルバー、腕時計もロレックスと対比になっています。

オートマチックの銃はジャムる(弾詰まり)可能性があるので、神経質や心配性な人はリボルバーを好むようで、タンジェリンもそのタイプかもしれません。最後は拳が頼りのメリケンサックですしね。

コードネームが気に入らないと言いつつも……

レモンとみかんという果物めいたコードネームについて、序盤で不満げなやりとりをしている二人ですが、スマホのチャットアイコンはしっかり果物に変更していますし、携帯もレモンの携帯と出るようになっている徹底ぶり。

みかんの運送トラックは作中2回出る

レモンが終盤、プリンスへの復讐を果たすみかんトラックは序盤にレディバグがスニーカーを水たまりで汚すシーンでも登場しています。

その他の小ネタ

ザ・サンがパーシーな理由

ホワイト・デスの息子役のローガン・ラーマンは以前に『パーシー・ジャクソン』シリーズに主演しているため、メタネタでもあります。